SC相模原

SC相模原

MENU

NEWS DETAIL

11-08-2020

試合結果

【11/8福島ユナイテッドFC戦】試合結果・三浦監督・選手コメント

《試合結果》

2020明治安田生命J3リーグ 第26節

SC相模原 0-0 福島ユナイテッドFC



■Jリーグ公式ホームページ試合結果
https://www.jleague.jp/match/j3/2020/110849/live#live/

三浦文丈監督

アウェイですが(上位争いをしているグループの中で)抜け出すために勝ち点3をとろうという気持ちで試合に入りました。ただ、前半は向かい風に加えてピッチの状態もあって、ちょっと難しかったです。とにかくしぶとく耐えて、チャンスがあればゴールを狙いに行こうと。0-0で折り返して風向きが変わる後半にギアを上げていこうと思っていたのですが、後半になったら風もピタッとやんでしまって。今日の試合に関しては思ったようにボールを動かせなかったし、攻撃の起点をうまく作れなかった印象です。ただ、その中で何本かチャンスがあったので決められていればというのはあります。今日はいろいろなことを考えたら勝ち点1でもOKだったかなというのが正直な気持ちです。

--前半はバイタルエリアで前を向かれるシーンが多かったが。

なかなか前からハメにいけなかったというのもありますが、長いボールのこぼれ球を拾いきれませんでした。(前と後ろが)間延びさせられて、セカンドボールを拾われて、ポッカリ空いたバイタルエリアを使われてしまっていた。ただ、DFラインを上げようにも向かい風でボールが伸びてくるし、イスマイラ選手がいる分、難しかったのかなと思います。前半に関してはフリーで何本かシュートを打たれて危ない場面があったので、そこはしっかり寄せなきゃいけないよと話しました。

--ロングスローをイスマイラ選手に跳ね返されるシーンが目立ったが。

前半にスローインからユーリがペナルティボックスの中で受けて(藤本)淳吾がシュートを打ったりとか、惜しいシーンもありましたが、長いボールだけじゃなく、他の選択肢も持ちながらやっていきたいです。あとは相手に高さがある時は、(空中線に強い相手選手を)挟みながらやるとか、そういう工夫をしていかないといけません。後半に何回か(才藤)龍治が投げた時はほぼイスマイラ選手に弾かれていたので、改善の必要があるかなと思っています。

--3試合連続ドロー。ちょっと足踏みをしている状況ですが、勝ち点3を積み上げていくためには。

シンプルにゴールが必要です。あとはメンタルのところ。藤枝戦も試合終了間際に失点して引き分けて負けたような雰囲気になっていましたし、今日も0-0ですが勝ち切れなかったことでロッカーの雰囲気が沈んでいたんです。ただ、クヨクヨしても仕方ないし、ここまで来たらビビらずにやるしかありません。次の試合はホームですし、強い気持ちで臨んでいけるように、メンタルのところは1回話したいなと思っています。

MF/17 星広太

--5シーズンを過ごした古巣・福島ユナイテッドFCとの試合でしたが。

(移籍してから)そんなに時間は経っていませんが、ちょっと懐かしい気持ちはありました。試合になったら集中してやれていたと思います。

--前半はうまくいかなかった印象が強い?

向かい風でしたし、芝もあまりよくなくて、なかなか自分たちの時間にならなかったのですが、全員で我慢しようと共有していたし、ゼロで抑えられたのはよかったです。

--三浦監督は選手たちの体が重かったという話もしていたが。

個人的には連戦の方が体が動くというか、練習よりも試合の方が楽しいので。連戦だからきついという感覚はそこまでありません。

--セットプレーではどんなところを狙い目にしていましたか。

イスマイラ選手のところをニアでブロックできればチャンスになるというスカウティングはあったので、そこを狙っていたんですが、今日はあまりうまくいかなかったです。

--3試合連続ドローという結果については。

負けていないことはよいですが、上に行くためには勝ち切らないといけない。守備のところはそれほど変える必要はないので、あとは攻撃のところで最後に決めきるとか、質のところを高めて勝利をつかみたいです。