SC相模原

SC相模原

MENU

NEWS DETAIL

10-13-2022

練習情報

練習レポート(夛田凌輔選手、安藤翼選手)

DF/2 夛田凌輔

DSC_4546 copy.jpg

--今節は2016シーズンに所属していた古巣の長野との試合になります。

どこもそうですけど、思い入れの強いチームですね。次の試合は古巣戦というのもあるし、自分たちが勝てていないというのもあるし、サツさん(薩川監督)も古巣というのもあるので、長野に勝ちたいですよね。

--先日、チームから薩川監督の今季限りでの退任が発表されましたが。

プロの世界なので結果が全てだし、こうして先にサツさんの退任が発表されましたけど、僕たち選手も来季の契約がどうなるか分からない状況です。このメンバーでできる試合はもう6試合なので、消化試合と言われたら消化試合ですけど、このメンバーで何か意地みたいなものを見せて、今後の相模原に何か残るような6試合にしたいと思っています。

--チームは今、4連敗中とはいえ大敗している試合はなく、夛田選手が感じる手応えと課題は?

「何もできなかった」とか「圧倒されて負けた」という試合はなかったですけど、ビハインドでゲームが進んでしまっているので、相手は余裕を持ててしまうし、無理しない戦いをしてくる。負けているというのも事実としてありますが、何もできていないわけではないですし、だからと言って「このままやり続けていたら勝てるようになるのか」と言われればそんなに甘い世界ではない。

ここからは戦術がどうこうとかじゃなく、チーム全体でも個人個人でも勝ちへの執念みたいなものを持つことでゲームの流れを変えられるんじゃないかと思います。それは球際や走る部分、「勝ちたい」という気持ちが今までもなかったわけではないですけど、まだまだ出せると思っています。だから相手にゲームを持っていかれていると思うので、見直さなければいけない部分もあるとは思いますけど、そこが変わればいろいろな部分がうまくいくと思っています。

--そういった部分を変えていけばチームの歯車はまた噛み合っていく。

悪い流れというのは、そんな簡単には変わらないですし、待っていても変わるものではありません。でも一つ何かが変われば一気に変わることがある。でもその一つを変えることが一番エネルギーが必要だと思うので、そこをみんながしっかり自覚して向き合わなければいけない。「誰かが変えてくれる」じゃなくて、「自分自身が変えなきゃ」と思う人が多くなればやっと変わっていくと思います。

MF/14 安藤翼

DSC_4607 copy.jpg

--先日、チームから薩川監督の今季限りでの退任が発表されましたが。

高木(琢也)監督もそうでしたが、自分たち選手が結果を出しておけば「来季も」という話があったと思います。ピッチ内では選手が戦っているわけなので、悔しい思いでいっぱいですね。

--今季はまだ6試合残っていますが、残りのシーズンをどんなモチベーションで過ごしていきたいですか?

勝つことをサポーターのみなさんが一番求めていることですし、全部の試合を笑顔で終えたいですし、やっぱりサツさんにお世話になった分の恩返しじゃないですが、勝利のお酒を飲んでほしい。負けたくないですし、悔しい思いがあるので、その気持ちを残りの6試合にぶつけたいです。

--結果が出ていないなかで手応えを感じる部分はありますか?

前節はセットプレーから2失点していますが、改善できる点であると思っています。それこそ内容では、前からボールを奪いにいって、そこからの形はできていると思うので、最後の質をもっともっとこだわっていきたいですし、信頼されてピッチに送り出されている分、責任感を持って戦うべきです。もっともっと戦う気持ちを出してやっていきたいです。

--夛田選手は「球際や走る部分はまだまだ出せる」と話していました。

そこがこのチームに今一番大事な要素だと思います。一つの局面が勝敗に大きく関わるリーグだと思いますし、だからこそ一つの際で戦うだとか粘るとか、相手のボールに絶対させないという気持ちを自分自身がもっと体現して、周りに伝染させなければいけないと思っています。それこそクリスくん(夛田選手)もそうですし、いろいろな選手が体現してくれています。

やはり熱いプレーというのは、見ている人も感じると思いますし、自分たちも周りが頑張っていたら「頑張らなきゃ」となるので、そういうプレーを自分がチームを引っ張るつもりで出していきたいです。そういうところにこだわってやっていきたいです。理屈ではなく、精神的な部分になりますがそれが大事になるのかなと思います。残り6試合、何かを見せられるように、このままでは終われないので、「相模原良くなったな」と思ってもらえるよう気持ちを入れてやっていきたいです。

--「終わりよければすべてよし」とはいきませんが、最後はいい締めくくりでシーズンを終われるようにしたいのでは?

そうですね。応援してくださっているサポーターのみなさんに対して、これだけ勝てなくて情けなさすぎて悔しい気持ちですけど、それでも応援してくださっているので。ホームでの試合は残り2試合ですし、それ以前に次の長野戦へ向けて全力を尽くしてやるしかありません。みんなサポーターの前で勝ちたいという思いがあります。試合に出ていない選手も練習からアピールしていますし、そういうところが結果に現れるよう、試合に出ている選手はみんなの思いを背負って戦っているわけなので、そこは強く感じてやっていけるようにしたいです。