SC相模原

SC相模原

NEWS DETAIL

08-14-2019

お知らせ

KITAKEN MATCHREPORT Vol.23 『前半戦を象徴するゲーム』

GIO_0154 - コピー.JPG

KITAKEN MATCHREPORT Vol.23
vs セレッソ大阪U-23
『前半戦を象徴するゲーム』

「前半戦を象徴するゲームだった」

 SC相模原の三浦文丈監督は、第20節のセレッソ大阪U-23戦をそう表現した。今シーズンの最多の4ゴールを記録した1週間前のいわてグルージャ盛岡戦とは打って変わって、得点を挙げられずに苦しむ試合となった。

 スタメンには、前節でJリーグデビューを飾った横浜F・マリノスから期限付き移籍中のGK原田岳、3日前に選手登録が済んだばかりのブラジル人FW、ギリェルミが名を連ねた。

 “ギレ”ことギリェルミの前所属チームは関東リーグ2部のtona前橋。来日2年目だが、昨年から「かなり良い選手がいるらしい」とマークしていたという。2週間の練習参加を経て、正式加入となった。

 立ち上がりは素晴らしかった。

 4分、右のコーナーキックから、梅井大輝がニアで合わせる。100試合出場を果たした長身センターバックのヘディングは、ゴールライン上でDFにブロックされる。

 6分には、ジオヴァンニのミドルシュートがゴール方向に飛んだところを、ギリェルミが詰める。浮き球を頭でプッシュしたが、GKの左手に当たってゴールならず。

 その後もSC相模原がボールを持って攻め続ける。最も警戒すべきカウンターも、ボランチの末吉隼也と梶山幹太がこぼれ球を回収することで未然に防いでいた。ハーフコートゲームと言っても良いぐらい一方的に押し込んでいた。

 嫌な感じが、した。

 ボールを握れている。チャンスも作れている。だが、ゴールが決まらない。そして、逆にワンチャンスを決められる--。そんな試合を何度も見てきたからだ。

 36分、不安は的中する。ミドルシュートのこぼれ球をゴール前で拾わると、ペナルティエリアの手前から豪快に打たれて0-1。セレッソにとってはファーストシュートだった。

 1点ビハインドで折り返したハーフタイム。三浦監督は選手たちに声をかけた「1点取れば、行ける」。第5節のロアッソ熊本戦、第9節のY.S.C.C.横浜戦では、2点のビハインドをひっくり返している。

 ただ、この日は「1点」が遠かった。最大の要因はセレッソ大阪U-23のGK丹野研太だろう。オーバーエイジ枠で出場していた32歳のGKは、冷静な判断とポジショニングでゴールに立ちはだかった。

「あれがなかったら、逆の結果になってもおかしくなかった。若い選手を鼓舞しながら、よく結果を出してくれた」

 セレッソ大阪U-23を率いる大熊裕司監督は、出色の働きを見せた丹野に賞賛を贈った。

 試合終盤の87分、テンポの良いパス回しから完璧に崩されて2失点目を喫した。0-2になってからもゴールを狙ったが、最後までこじ開けることはできなかった。

「うちが間違いなく押し込んでいて、コーナーも何本あったかわからない。それでもゴールを決められず、勝てなかった。本当に前半戦を象徴していたゲーム内容だった」

 シュートは19本も放った。コーナーキックは12回を数えた。ただ、最後までゴールを割ることはできなかった。これで7勝5分8敗、順位は10位から13位にまで下がった。

 チャンスを作っている割には点を決められない。シュートを打たれる数が少ない割に点を決められる。まさしく、“前半戦を象徴するゲーム”は、チームにとっての課題を明確に突きつけたと言えるだろう。

「攻撃に関しては点を取るところ。丁寧に刷り込む形で繰り返していくしかない。守備のところは、シュートを打たれている本数が少ない割に失点してしまっている。攻守のところでポイントを押さえてやっていきたい」

 3週間の中断期間を挟んで、J3リーグは8月31日のアウェイ、カターレ富山戦で再開する。
   

取材・文 北健一郎(SC相模原オフィシャルライター)