9月 24 2017

11/J3第24節YS横浜戦安永聡太郎監督記者会見

投稿者: at PM 5:09  記事カテゴリー: 試合結果



——本日の試合を振り返ってのコメントをお願いします。

「……球際であったり、セカンドボールであったり、走るところであったり、攻守の切り替えであったり……根本のところであれだけ後手を踏んでしまうと、やはり勝つのは難しいですし、勝ち点を挙げることすら難しいなと。そういうゲームになってしまったという印象です。前半の早い時間帯で、(PKで)1点取れてしまったことによって、ボールへのアプローチ。ファーストディフェンダーが決まらず、4−2−3−1の縦関係からあまり追い出しができなかった。それに対してサイドハーフもハードワークという部分ではできず、サイドバックも決まらず。要するにどこでどのようにボールを奪いに行くかというのが定まらなかった。

それで前半の途中から辻尾(真二)を下ろして、(普光院)誠を前に出したことによって、前半の最後は落ち着いたんですけど、後半はあれ(失点シーン)をチーとしてどう守るかというところは、非常に難しい部分というか。ハーフラインでボールを受けられて、単独突破ですからね。ただ、梅井(大輝)に関しては高さの部分で弾いてくれていますし、最後、身体の寄せの部分でやってくれているところなので、あのような状況を作らないために、リスク管理をどうするのかというところを、言い続けている部分ではあるんですけどね。こうして目に見えてパツンとやられたので、中盤の配置、残り方であったりを、厚めにしてもいいのかなって思います。

2失点目に関しては、相手のリスタート、それもクイックスタートの部分で、誰も帰っていなかった。(その結果、)残っている人間が振られて、(シュートを)打たれたということですが、あそこで梅井は少しだけでも(相手のプレーを)止めているので、全力で他が帰らなかったということのほうが個人的には問題かなと思っています。

繰り返しになりますけど、これだけ球際であったり、セカンドボールのアプローチ以前に、今日は予測が全くできていなかった。全員が(ボールを)見てからのスタートになると、ボールは拾えないですし、なかなか勢いはついてこないかなと思います。

あとは2失点しましたけど、チャンスに関しては、前半は1点取ってからはほぼほぼなかったんですけど、後半は相手のミスからのチャンスをしっかり決めていれば、違った展開になっていたと思います。逆転された後も何度かあったチャンスで、ボールが枠にすら飛ばないというところが今の現状というか、今シーズンはずっとそれが続いている。メンバー選考といっても、現状、(プレーできる選手が)20人いないくらいですから、そのメンバーの中で、その週、調子の良い選手をどのように組み合わせるのが良いのかという作業をしっかりしていかなければいけないと思います。

残り10試合を本当に1試合、1試合、どのように戦い、どのように勝ちを目指していくのか。選手にも言っていますけど、基本的にこの4−2−3−1を崩すつもりはないので、その中で、トレーニングで調子の良い選手を見極めていきたいなと思います。以上です」