9月 20 2015

第15回9月20日「J3第29節vsJ-22選抜戦 辛島啓珠監督試合後記者会見

投稿者: at PM 4:13  記事カテゴリー: その他



——今日の試合を振り返ってのコメントをお願いします。

「苦しい試合でしたし、気温が少々高くなって前半からJ-22選抜にボールを動かされて、なかなかボールを奪えない状況が続きました。ボールを取った後も長いボールが入ってしまったり、マイボールでキープできなかったので、前半からかなり消耗させられた中で、服部(康平)が1点取って折り返せたのは精神的に余裕ができました。後半、簡単に失点してしまった後に、すぐ得点できたというのは、チームにとってのダメージが少なかったと思いますし、流れとしてはラッキーな部分があったと思います。高原(直泰)が入って3点目のシュートを決めてくれた。みんな足が止まっていて、最後に失点してしまいましたが。まあ、課題はあるにせよ、連勝して勝つことが大事だと思うので、結果的には勝利が大事だったと思います。次は水曜日にガイナーレ鳥取との試合があるので、メンバー選考も含めて考えて、いいゲームができるようにやっていきたいと思います」

——前線の選手がゴールという結果を出しています。服部選手が3試合連続ゴール中ですが、どう評価されていますか?

「どんな形であれ、得点を残してくれているので、そういう点においては本人も調子がいいと思いますし、今年のシーズン前半はなかなか得点チャンスがあった中でも結果を残せていなかったことを考えると、いい状態だと思います。得点を取ってくれていることはチームとしても助かっています。もっともっと課題はあると思いますし、今日もペース配分のところで、なんでもかんでもランニングしてしまい、追ってしまって体力を消耗してしまうところもあった。そういった駆け引きをもっと覚えてレベルアップしていければ、もっと活躍できると思います」